アジア スリランカ

スリランカ旅行におすすめの観光地を紹介!スリランカの魅力が満載

スリランカの列車と紅茶畑

こんにちは!DEEPTRAVEL編集部です。

今回は、穴場観光大国として徐々に注目を集めだしている
スリランカの観光スポットをご紹介していきます。

日本人にはあまり馴染みの少ない国かもしれませんが、スリランカはとても魅力の多い国です。

記事を読んで、旅行先選びの選択肢にスリランカを追加してみてください。

スリランカとは

スリランカの地図

スリランカは自然の豊かな小さな島国です。
インドの下に位置し、国の形からインドの涙インド洋の真珠とも言われています。

スリランカでは、主にシンハラ人とタミル人という2つの民族が生活をしています。

シンハラ人は国民の約7割が仏教徒です。その為、スリランカには仏教遺産などが数多く残されているのが見受けられます。

メモ

国旗に描かれているライオンも、このシンハラ人のシンボルを表したものだとされています。

またタミル人はヒンドゥー教徒で、主に北部と東部で生活をしています。

スリランカは通称

普段、私達が呼んでいるスリランカという呼び方は通称です。

スリランカは、1984年にセイロンという国名でイギリスの自治領として独立し、1978年に現在のスリランカ民主社会主義共和国という国名に変わりました。

そのスリランカ民主社会主義共和国を通称してスリランカと呼ばれています。

スリランカのおすすめ観光地

シギリヤロック

シギリヤロック

スリランカの世界遺産でもあるシギリヤロックは、スリランカの中で最も人気のある観光スポットです。

岩の高さは200m程で、約1,200段もの階段を登って岩の頂上まで行くと、5世紀後半に7年の歳月をかけて造られた王宮が残されています。

当時の王のカッサパ1世が11年の間、この宮殿で過ごしていたと言われています。

階段を登る際には、所々で休憩を挟みながら頂上まで登ってみてください。

ライオンの前足

 

この投稿をInstagramで見る

 

もみぃ(@rainbowtrip_mommy)がシェアした投稿 -

シギリヤロックの階段を登っていくと、途中で開けた広場のような場所に出ます。

広場はライオンテラスという名前で、そこには大きなライオンの前足の像があります。

ライオンの顔の部分は、崩れて跡形も無くなってしまい、現在は鋭い爪を持つ前足のみが残されている状態となっています。

このライオンの前足に囲まれた階段が、シギリヤロックの宮殿にいくための最後の階段になっています。

ピドゥランガラロック

ピドゥランガラロック

ピドゥランガラロックは、シギリヤロックを向かいの山から眺める事ができる穴場スポットです。

観光地化されていない穴場スポットなので、山道の設備はあまり行き届いていない印象です。
体力に自身のある方に検討してみて欲しいスポットとなっています。

観光客も少ないので、登りきってしまえばゆっくりと過ごす事ができます。

ピドゥランガラロックの頂上からは、シギリヤロックの宮殿に行くために並んでいる行列まで肉眼で確認する事ができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

にしぐち夫婦(@worldsky10_15)がシェアした投稿 -


ピドゥランガラロックからだと、本物のシギリヤロックと100スリランカルピーの紙幣に描かれているシギリヤロックを一緒に撮影する事もできます!

横たわる仏像

横たわる仏像

ピドゥランガラロックを登っていると、途中で横たわる仏像に遭遇します。

何故山の中に仏像があるかと言うと、カッサパ1世がシギリヤロック周辺の寺院より立派な寺院をピドゥランガラロックに建てて、僧侶達がこの山に移り住んだので、山の中に仏像などが残されているようです。

ダンブッラの黄金寺院

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sri Lanka Jasmine Tours(@srijasmine_tours)がシェアした投稿 -


この黄金寺院は、スリランカ内で最も保存状態が良い寺院とされています。

スリランカの人々にとっても神聖な場所で、国内最大の石窟寺院でもあり、世界遺産にも登録されています。

黄金寺院は、5つの岩の洞穴に分かれています。

洞穴の中には綺麗な状態で残された壁画群がありますが、修復を繰り返している為に、残念ながら現在は原画は残されていないと言われています。

写真撮影自体は許可されていますが、仏像に背を向けて撮影するのは失礼にあたりますので、お気を付けください。

仏歯寺

 

この投稿をInstagramで見る

 

travel_twins(@travel_twins)がシェアした投稿 -

仏歯寺は、スリランカの世界遺産の街であるキャンディにある仏教寺院です。

紀元前543年に、仏陀の火葬がインドで行われた際に仏歯(仏陀の歯)を入手し、寺院内ではインドから仏歯を運んだ時の様子を描いた彫刻などの展示があります。

仏歯は強い力を持つとして、この祭壇に神のように祀られています。

1日3回あるプーシャというお祈りの時間に訪れると、仏歯が収められている金色の入れ物を実際に見る事ができます。

ポロンナルワ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fascinating Experiences(@fascinating.experiences)がシェアした投稿 -

ポロンナルワは、13世紀に廃都となってジャングルに埋もれてしまっていたのですが、20世紀頃に再び遺跡が発見されました。

当時のシンハラ王朝時代の建造物や、仏教寺院が数多く残されており、世界遺産にも登録されています。

敷地内は広大な為、レンタルサイクルなどを利用して周るのがおすすめです。

ヌワラエリヤ

スリランカの列車と紅茶畑

ヌワラエリヤはスリランカの高原地帯の街で、セイロンティーの紅茶栽培が有名です。

紅茶列車と呼ばれる列車に乗って、車窓から風景を眺めながら、のどかな自然の中を走る事ができます。

ヌワラエリヤを訪れる際は、是非紅茶工場の見学もしてみてください。

紅茶工場の見学の仕方については、下記の記事で紹介しています。

貴重な体験
工場
紅茶の聖地スリランカ!ヌワラエリアでセイロンティーの紅茶工場見学をしてみよう

こんにちは!DEEPTRAVEL編集部です。 今回は、スリランカのヌワラエリアでできる! 紅茶の工場見学についてご紹介していきたいと思います。 目次ヌワラエリアとは見学ができる工場ペドロ・ティー・エス ...

続きを見る

ピンナワラのゾウの孤児院

ピンナワラのゾウの孤児院

ピンナワラのゾウの孤児院は親を亡くしたり、はぐれてしまった子ゾウをできるだけ自然に近い環境で保護しています。

成長して大きくなったゾウはこの孤児院を出て、寺院やゾウ使いの元で生活するようになります。

自然の中で群れをなして生活するゾウ達を間近で見学できる、迫力満点な観光スポットです!

ゴールの旧市街と要塞

スリランカ のゴール

ゴールの旧市街は世界遺産にも登録されており、ビーチリゾートしても人気のある観光地です。

城壁に囲まれたゴールの街は、ヨーロッパ建築と南アジア地域の伝統が入り混じっています。

旧市街には、教会やモスク、時計台など観光スポットが数多くあり、ゴールの歴史を感じる事ができます。

お洒落なカフェや雑貨屋さんなどもあるのでゆっくりお店に立ち寄りながら、観光をしてみてください。

ヤーラ国立公園

ヤーラ国立公園

ヤーラ国立公園は、スリランカ国内で2番目に大きい国立公園で、ジープカーに乗って園内を周る事ができます。

希少な存在のスリランカヒョウやゾウ、クジャクや野鳥など多くの野生動物を目にする事ができます!

スリルのあるサファリ体験を試してみてはいかがでしょうか。

ジャミ・ウル・アルファー・モスク

ジャミ・ウル・アルファー・モスク

赤と白の縞模様が特徴的なジャミ・ウル・アルファー・モスクは、コロンボで最も古いモスクです。

模様の他にもこのモスクの外観には、もう1つ特徴的な所があります。

それは、モスクの上にあるドーム型の尖塔が玉ねぎのような形ではなく、ザクロのような形をしている点です。

インドサラセン様式という建築様式によって造られたモスクは、とても見応えがあります。

デヒワラ動物園

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dorothy Smith Bolin(@dorothybolin)がシェアした投稿 -

デヒワラ動物園は、スリランカ国内最大の動物園で350種、3,000頭以上の動物が飼育されています。

アジア内でも最大級規模のこちらの動物園では、ゾウによるショーが行われていたり、館内には水族館や夜行性動物館もあります。

家族揃って同じエリアで暮らしているオランウータンがいるのですが、子供のオランウータンが母親にべったりくっついて離れない姿は、可愛らしくて必見です!

アヌラーダプラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

คкคlคภкค ภคʎคภคظเtђ(@akalanka_nayanajith)がシェアした投稿 -

アヌラーダプラは、仏陀がスリランカで初めに悟りを開いた地とされています。

シンハラ王朝の最初の都であり、約1,400年の間スリランカの都であった歴史深い世界遺産の地でもあります。

遺跡が広範囲に点在しているので、ゆっくり時間を取って観光にいく事をおすすめします。

アダムス・ピーク(スリパダ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

にしぐち夫婦(@worldsky10_15)がシェアした投稿 -

アダムス・ピークは、標高2,000m越えの山です。

スリパダとは、シンハラ語で聖なる足跡という意味を持ち、頂上付近には、足跡のような形をした穴があります。

山の足跡は、宗教ごとに下記のように見立てられています。

  • 仏教徒      →  仏陀の足跡
  • ヒンドゥー教徒  →  シヴァ神の足跡
  • イスラム教徒   →  アダムの足跡
  • キリスト教徒   →  背トーマスの足跡

多くの地元民が、山頂にある寺院まで参拝に訪れており、この山に敬意を払っている様子が伺えます。

また、山頂から眺めるご来光が圧巻で、トレッキングをする人にも人気の高い山です。

ホワイトブッダ

スリランカのホワイトブッダ

キャンディの街の丘の上にある白い仏陀の像は、1972年に建てられた比較的新しいものです。

丘の上からはキャンディの街を見渡す事が出来ます。

キャンデイの街はあまり高い建物がない為、この巨大な仏陀像を市内からも見かける事が出来ます。

街のシンボル的な存在の仏像です。

最後に

世界遺産も数多くあり、スリランカがとても魅力の多い国である事が伝わったのではないでしょうか。

目的に合わせて自分好みの観光プランを作成してみてください!

-アジア, スリランカ
-, ,

Copyright© DEEPTRAVEL , 2021 All Rights Reserved.