バックパッカー

バックパッカーのお金の管理の仕方!盗難と恐喝のリスクを下げよう

2020年2月20日

お金の管理

こんにちは!DEEPTRAVEL編集部です。

旅中のお金の管理についてどうしたらいいのだろうと悩む方も多いのではないでしょうか。

今回は、バックパッカー経験者直伝の旅中のお金の管理の仕方についてお話ししていきたいと思います。

お金を管理する際のポイント

財布を3つに分散させておく事。なるべく3つの財布は別々の所に保管しましょう!

1つ目の財布に入れておくもの

  • 少額の紙幣とコイン
  • 用意できれば期限切れのクレジットカード

2つ目の財布

  • ある程度の金額の紙幣とコイン

3つ目の財布

  • ある程度の金額の紙幣とコイン
  • クレジットカード
  • スキミングカード

スキミングカードとは

電磁波を遮断する事でスキミング行為を防止し、 クレジットカードの個人情報が盗まれるのを防ぐ事ができるカードです。

海外でのスキミング被害は多く、自分のクレジットカードを不正利用されてしまう可能性があります。
旅中はスキミングカードを1枚は持っておくと安心です。

3つの財布の役割

1つ目の財布

1つ目の財布は言ってしまえば、おとり用の財布です。
こちらの財布は恐喝の対策になります。
恐喝に遭ってしまった場合におとり用の財布を差し出せば、 被害を最小限に済ませる事ができます。

2つ目の財布

2つ目の財布はリスク分散用の財布です。
こちら財布は盗難 (スリ) に遭ってしまった際に、リスクを減らす事ができます。

例えば、3つ目のクレジットカードが入っている財布が盗難の被害に遭ってしまった場合に、 こちらの財布があれば数日は2つ目の財布に入っているお金で過ごす事ができるので、急な盗難にも冷静に 対処する事ができます。

3つ目の財布

3つ目の財布は本命の財布です。
クレジットカードはこちらの財布に入れて、普段の買い物はこちらの財布で過ごすようにしておきましょう。

盗難にあってしまった場合

盗難

クレジットカードの利用を止める手続きをしましょう

クレジットカードも一緒に盗難の被害に遭ってしまった場合は、まずクレジットカードの利用を止める手続きをしましょう。
連絡先は、カードの裏面に記載してありますので焦って調べる必要はありません。
電話をするのが難しい場合は、あらかじめ日本で代わりに手続きを頼める人を見つけておくのが良いです。

海外保険の補償を受ける手続きをしましょう

海外保険では現金の盗難については補償の対象にならないものがほとんどです。

海外保険はカメラや携帯電話といった携行品損害については補償されますが、現金の盗難については補償の対象にはならない保険が多いので、ご注意ください。

ただし財布の本体自体は補償の対象となりますので、必要に応じて補償を受ける手続きをしましょう。

旅に出る前に自分の海外保険の条件を詳しく認知しておくのが大事です!

スキミングの被害に遭ってしまった場合

旅人

スキミングの被害にすぐに気付く事は難しいですが、被害が発覚してから60日以内であれば補償の対象となります。

もし見つけた場合にはすぐにカード会社に連絡をして利用を止める手続きをしましょう。

安全な旅を

今回は全て財布に分ける方法をお伝えしましたが、自分の管理のしやすさに合わせてセキュリティポーチなどを使ってみるのも良いと思います。

旅人の中には靴の中に忍ばせてるという強者までいます!
自分に合ったお金の管理の仕方を見つけてみてください。

初心者バックパッカーの方が、盗難、恐喝のリスクを減らしながら安全に旅ができるお役に立てたら幸いです。

-バックパッカー
-,

Copyright© DEEPTRAVEL , 2021 All Rights Reserved.