アジア マレーシア

マレーシアのモスク巡りでインスタ映え!フォトジェニックスポットをご紹介

2020年2月27日

ピンク色のモスク

こんにちは!DEEPTRAVEL編集部です。

日本から直行便で7時間前後の場所にあるマレーシア。
多民族国家であるマレーシアでは、イスラム教の文化を肌で感じる事ができます。

今回は、インスタ映えするモスクをご紹介していきます!

ブルーモスク

 

この投稿をInstagramで見る

 

W̲O̲R̲L̲D̲S̲K̲Y̲(@worldsky10_15)がシェアした投稿 -


通称ブルーモスクと呼ばれているこちらのモスクの正式名称は、Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah (スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク) です。

鮮やかな青色のタイルが美しく、写真映えする事間違いなしです!

マレーシア最大のモスクで、世界的に見ても4番目の規模を誇る程の大きさです。
モスクの周りの4本のミナレットが本殿の存在を引き立たせています。

ミナレットとは

火や光を灯す塔の事をミナレットと言います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@marina1214)がシェアした投稿 -

ドームへと続く白色の回廊とイスラム教を表す八つの頂点のある星形の模様が美しいです。

この星形のマークはイスラム教の伝統的なシンボルでルブ・エル・ヒズブと言います。
2つの正方形を重ね合わせた形で、アラビア語でルブは「四分の一」、ヒズブは「まとまり」「集まり」を意味しています。

このマークはマレーシアの街中至るの所でも目にします。

こちらもインスタ映えスポットなので、青いローブを着て、神秘的な美しさのある回廊を歩く姿を納めてみてください。

見学の仕方

モスク内の見学は自由に見学できるのでは無く、ツアー形式でボランティアのガイドさんが説明をしながら案内をしてくれます。

モスクの正面右手にあるビジターセンターで予約を取りましょう。

説明は基本的に英語ですが、日本人のガイドさんが不定休で火曜日の午前中にいることもあります。
ツアーは1日に5回あり、お祈りの時間を外した時間帯で行っています。

ガイドさんに順番に案内してもらう為、時間には余裕も持つように気を付けてください。

入館の際には、無料で青いローブを貸出してくれるので着用してから入るようにしましょう!

スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスクの施設情報

  • 見学時間 日-木 9:00-12:30、14:00-16:00、16:45-18:30
    金 9:00-12:00、14:45-16:00、16:45-18:30
  • 料金 無料
  • 行き方 電車の場合は、KLセントラル駅からShah Alam (シャー・アラム) 駅で下車して駅からタクシーで10分程度。
    ※帰りのタクシーが捕まえづらい場合がります。
    バスの場合はクアラルンプールのPasar Seni (パサール・スニ) というバス停からHentian Pusat Bandar Shah Alamというバス停で下車し、徒歩で10分程度

ピンクモスク

 

この投稿をInstagramで見る

 

ma(@mmmm_0726)がシェアした投稿 -

通称ピンクモスクと呼ばれているこちらのモスクの正式名称は、Masjid Putra (プトラ・モスク) です。

外観がピンク色なのはもちろんの事、内装やモスクのドームも全てピンクで覆われています。

こちらのモスクのミナレットは東南アジアで最大、世界的に見ても4番目の高さを誇っています。

可愛らしいピンク色がインスタ映えします!
世界的に見てもピンク色のモスクは珍しい為、一度は目にしてみたいモスクです。

見学の仕方

ピンクモスクはガイド無しで自由に見学する事ができます。
こちらも無料でピンクのローブを貸出してくれます。

プトラ・モスクの施設情報

  • 見学時間 土-木 9:00-12:30、14:00-16:00、17:30-18:00
    金 15:00-16:00、17:30-18:00
  • 料金 無料
  • 行き方 電車の場合は、KLセントラル駅からPutrajaya&Cyberjaya (プトラジャヤ&サイバージャヤ)駅で下車して、バスでプトラジャヤ&サイバージャヤ駅からDataran Putra (プトラ・スクエア) で下車すると、ピンクモスクが見えます。

首相官邸

 

この投稿をInstagramで見る

 

tera(@tera.7)がシェアした投稿 -


Ptra Square (プトラスクエアー) は、マレーシアの首相官邸です。

ピンクモスクの近くに、一見するとモスクのようにも見える首相官邸が見えてきます。

メインストリートの地面には、ブルーモスクの時にもご紹介したルブ・エル・ヒズブのタイルモザイクもあります。

立ち寄ってメインストリートから官邸を入れて写真を撮っても映えますよ!

フローティングモスク

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yumi(@yumioct16)がシェアした投稿 -

通称フローティングモスクと呼ばれているこちらのモスクの正式名称は、Melaka staraits mosque (マラッカ・ストレイツ・モスク)です。

こちらは世界遺産都市のマラッカにある水上モスクです。

マラッカの観光地から車で約20分とやや離れた場所にある為、観光客の少ない穴場スポットです。

周りを気にせずに納得いくまで写真を撮る事ができるのも嬉しいポイントです!

夜になるとモスクがライトアップされて緑色に光り、昼間とはまた違う、幻想的な雰囲気を楽しむ事ができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

haman(@hamahiroo)がシェアした投稿 -


マラッカ観光時に時間に余裕のある方は、是非立ち寄ってみるのをおすすめします。

見学の仕方

見学は自由に回る事ができます。
入館の際には、無料でローブを貸出してくれます。

マラッカ・ストレイツ・モスクの施設情報

  • 見学時間 年中無休。9:00~19:00
  • 料金 無料
  • 行き方 クアラルンプールから直行バスでマラッカに下車し、マラッカからタクシーで15分程度

インスタ映えする旅を

以上がマレーシアでおすすめのモスクでした!

モスクは神聖な場所な為、十分マナーを守りながらインスタ映えする旅を楽しんでください。

-アジア, マレーシア
-, , ,

Copyright© DEEPTRAVEL , 2021 All Rights Reserved.