アジア ラオス

ラオス旅行ならここ!世界遺産都市のルアンパバーンがおすすめな理由

ラオスの国旗

こんにちは!DEEPTRAVEL編集部です。

今回は、ラオスに行くなら是非おすすめしたいルアンパバーンという街の魅力をお伝えしていきます。

ゆったりとした雰囲気を持つ街で、落ち着いた休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ルアンパバーンとは

ルアンパバーンは、市街地全体が世界遺産として登録されているラオス北部にある街です。

ラオスという国名の前身であるラーンサーン王国の首都でもありました。

ラオスは海に面していない内陸国なので、鎖国状態であった背景もあり、ルアンパバーンには穏やかな雰囲気が流れています。

緑も豊かな街なので、旅行者ものんびりと過ごす事ができます。

ルアンパバーンがおすすめな理由

エメラルドグリーンの滝がインスタ映えすぎる

ラオスのクアンシーの滝

ルアンパバーンにあるクアンシーの滝は、流れ落ちる水が綺麗なエメラルドグリーンの色をしており、観光客に人気の高い観光スポットです。

滝は何層にも分かれて滝つぼに落ちていき、とても迫力があります。

遊泳可能なエリアもあり、滝の中を泳いでいる方もいるので、泳いでみたい方は水着を持参するようにしましょう!

インスタ映えする事間違いなしのスポットで、マイナスイオンを感じながらゆったりと過ごす事ができます。

ナイトマーケットでの買い物が楽しすぎる

ラオスルアンパバーンのナイトマーケット

中心地にあるシーサワンウォン通りには、夜になると赤と青のテントが立ち並び、手頃な値段で可愛らしい雑貨を購入する事ができます。

このシーサワンウォン通りは、ルアンパバーンの街で一番賑わっている通りでもあります。

ラオスルアンパバーンのナイトマーケットの雑貨

手頃な値段で可愛らしい雑貨を購入する事ができるので、テンションが上がる事間違いなしです!

無茶な金額でなければ、値段交渉にも応じてもらえます。
常識の範囲内で交渉をしてみるといいと思います。

ラオスルアンパバーンの屋台の食べ物

ナイトマーケットにはお土産などの屋台だけでなく、食べ物の屋台もありますので食事も楽しむ事ができます。

プーシーの丘から世界遺産の街を見渡す事ができる

ラオスルアンパバーンのプーシーの丘

高さ150m程のこちらの小高い丘からは、ルアンパバーンの街を見渡す事ができます。

300段以上の石段を登った先には仏塔と眺望スペースがあり、古都の落ち着いた雰囲気を味わう事ができます。

夕暮れ時に行くと、メコン川の向こうに夕日がゆっくりと沈んでいく様子を見る事ができ、これを目当てにしてプーシーの丘に登る観光客もいます。

托鉢を見学できる

 

この投稿をInstagramで見る

 

Koichiro(@koichiro_0515)がシェアした投稿 -

ルアンパバーンでは、僧侶による托鉢(たくはつ)が毎朝行われます。

メモ

托鉢とは、僧侶が鉢を持って、食糧などのお布施を受けて回る修行の事。
この修行は僧侶の為ではなく、見返りを求めずに捨てるという行為で信者に功徳を積ませる為の修行。

托鉢は、日の出後から始まります。

日の出の時間によって托鉢が始まる時間は前後しますので、事前に確認して備えるのが良いです。

信者達の間に入れてもらって、自分の目の前を僧侶が通過したらお布施を渡します。

お布施にはお米やお菓子を用意します。

当日でも現地の人達がお布施セットを販売していますので、当日でも入手する事ができます。

日本では中々できない体験なので、早起きをする価値のある体験です!

メコン川を一望できる

ラオスルアンパバーンのメコン川

メコン川は、アジア全体で7番目に長い川で、4,200kmにも及びます。

チベット高原から、中国の雲南省を通り、ミャンマー・ラオス国境、タイ・ラオス国境、カンボジア・ベトナムへと流れています。

ルアンパバーンからは、このメコン川をゆっくりと一望する事ができます。

仏教寺院で歴史を感じる事ができる

ラオスルアンパバーンのお寺ワット・シェントー

ワット・シェントーンは、ルアンパバーンだけでなく、ラオス国内の数ある仏教寺院の中でも最も美しい寺院と言われています。

緩やかなカーブをしていて何層にもなる屋根は、ルアンパバーン様式と言われるルアンパバーン特有の造りの屋根です。

2014年に修繕が完了したばかりのお寺です。

仏教寺院を見学する事で、ラオスの仏教文化をたどる事ができます。

ご飯が美味しい

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuika nakao(@yuika_0910)がシェアした投稿 -

ラオスでは、屋台やお洒落なカフェなどで幅広く楽しむ事ができます。

ラオスのローカルフードは、日本人の口にもよく合い一度食べたら病みつきになります!

スリルを味わえる

ラオスルアンパバーンのスリルのある橋

メコン川を渡る事ができる細くて長い橋は竹でできており、今にも崩れてしまいそうでとてもスリルがあります。

雨季になると大雨の影響でメコン川に流されてしまう為、毎年作り直しているんだそうです。

勇気のある方は、是非渡ってみてください!

騒がしさがない

ラオスルアンパバーンの街並み

客引きなどもしつこく無く、人も優しいので心穏やかに過ごす事ができます。

東南アジア特有の騒がしさが感じられないのがラオスの魅力でもあります。

最後に

ルアンパバーンという街の魅力が伝わりましたでしょうか。

ラオスを訪れる際は、是非候補としてルアンパバーンを入れてみてください。

-アジア, ラオス
-,

Copyright© DEEPTRAVEL , 2021 All Rights Reserved.